紫外線を防ぐ日焼け止めの使い方

日差しが強くなると気になるのが紫外線です。紫外線は肌老化の原因です。シワの原因の70%は紫外線ともいわれています。その他にも、ニキビ、くすみ、乾燥、シミ、たるみなどの紫外線の影響です。
紫外線を防ぐために日焼け止めを使用していると思いますが、使用量や使用方法を守らないと紫外線カット効果が期待できません。では、どのように使用したらいいのでしょうか。
SPFを測定するには1㎠あたり2mg使用するように定めれています。顔全体に塗る場合の使用量は800mg、500円大ほどです。普段もっと少ない使用量だと思います。たっぷりと使わないと紫外線カット効果は期待できないのです。こんなにと驚くかもしれませんが、それくらい塗る必要があります。
たくさん塗ったからと安心してはいけません。日焼け止めは摩擦や汗で簡単に取れてしまい。取れてしまっては効果がありません。頬杖をついたりして取れてしまうので、こまめに塗り直しをしましょう。4~5時間に1回塗り直すと高い紫外線カット効果が期待できます。トリア脱毛器NAVI