ネイマールのコメントには愛がないような気がした

リーガ・エスパニューラでクリロナが一発退場になったコルドバ戦を見てクリロナもあれほど挑発され続けたのでは、
たまにはキレても仕方がないかなと思いましたが、その後各界から同情的な多数のコメントが寄せられていた中で、
最も意外な感じがしたのがネイマールのコメントでした。
クリロナをフォローしているのか批判的に見ているのかよくわからようなどっちとも取れる変なコメントだったので目に付いたのです。
ロナウドの気持ちもわかるけれど処罰は受けねばならないだろうというような内容でしたので、訳した人が悪かったのかも知れませんが、
私には真逆なことを同時に言っているようなコメントに思えました。
読んだ人はフォローなのかアゲインストなのかどっちなのみたいな感じがしたのではないでしょうか。
要するにライバルであるクリロナに対する闘争心を隠すことが出来ずについポロリと本音が出てしまったような感じがしました。
バルサに移籍してから一年以上経ちますが未だにクリロナを超えられないネイマールの焦りというか、
歯痒さみたいなものがコメントによく表れているような気もしました。
ただスーパースター同士でもライバル心むき出しでお互いに切磋琢磨することはサッカー界にとってはとてもいいことではないかと思います。